槙野智章「一番犯してはいけない場所で」マリ戦でのPK献上を後悔

日本代表は23日にマリ代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。DF槙野智章(浦和レッズ)は仮想セネガルのマリ相手のドローを「率直に勝たなければいけなかった試合」と振り返った。

日本は前半終了間際にエリア内でDF宇賀神友弥がファウルを犯し、マリにPKを献上。これを決められ1点のリードを許した。

「一番失点してはいけない時間帯で、一番犯してはいけない場所でファウルしてしまった。ただ、そこからチームが立ち直った中で、どう点を取りに行くかは見せられたとは思う」

「セネガルとどれくらいの力があったか分からなかったですけども、今のこの状況を把握しながら、もっとチャレンジすることは必要だった」

「ディフェンスとしてはゼロで終えたかったのが本音」と槙野はこの日、昌子源と最終ラインの中央を形成。適切なスプリントでラインを上げて、「相手FWを置き去りにしてオフサイドラインを置いた」と意識していた点を明かした。

その意識もあってか「結果的にシュートは2、3本ほどしか打たれていないので、しっかりラインを統率できたことはポジティブに考えても良かった」と収穫を挙げた。

その後日本は、後半アディショナルタイムに途中出場の中島翔哉が値千金の同点弾。A代表初出場のアタッカ―の一撃でドローに持ち込んだ。槙野もその中島や同じく途中出場を果たした三竿健斗といった選手が良い刺激をもたらしていると考える。

「代わりに入った選手がああやってね、チームに正しい刺激をもたらしてくれたことはポジティブに考えても良いと思う」

それでも、今の代表に必要な要素として「競争意識」を口にした槙野。自らもロシア行きの生き残りを懸けたサバイバルに身を置く立場でもある。

「いろいろな選手が試されたが、チームとして競争意識をもっと加えていく必要がある」

競争があってこそチームの強化につながる。ロシアW杯のメンバー入りへ、27日のウクライナ戦でも槙野が猛アピールを続ける。

日本代表、大島僚太が負傷交代のアクシデント…中国戦前半はスコアレスで終了

EAFF E-1サッカー選手権第2戦が12日に味の素スタジアムで行われ、日本代表と中国代表が対戦。前半は0-0のスコアレスドローで終了した。

日本は、1-0で勝利した初戦の北朝鮮戦から先発を7名変更。GKには中村航輔(柏)に代わって東口順昭(G大阪)が入り、最終ラインは昌子源、植田直通、山本脩斗(いずれも鹿島)、三浦弦太(G大阪)で構成、大島僚太(川崎F)と今野泰幸(G大阪)がダブルボランチを組み、2列目に伊東純也(柏)、倉田秋(G大阪)、土居聖真(鹿島)が入り、1トップには小林悠(川崎F)が2戦連続のスタメン入りを果たした。

試合は序盤の4分、伊東が右サイドを突破してPA右からクロスを供給すると、小林が頭でボールを落とす。これを土居が触れたものの、わずかに枠の左に外れてしまう。さらに22分にも伊東のクロスのこぼれ球を植田が拾い、再びクロスをあげると、小林が反応。ヘディングシュートを放ったが、枠をとらえられない。

すると27分、大島が左足の太もも裏を押さえて座り込んでしまう。プレー続行不可能と判断され、井手口陽介との交代を余儀なくされた。日本は後半アディショナルタイムにも倉田と土居が決定機を演出したが、決めきれず。前半は0-0のスコアレスで終了している。

なお、もう1試合の韓国vs北朝鮮の一戦は、1-0で韓国が勝利している。この結果、2連敗となった北朝鮮代表の優勝の可能性は消滅している。

“二段階方式“!日本代表、W杯のメンバー発表は「カズの悲劇」以来初めて

3月に行われる国際親善試合に向け、日本代表メンバーを発表したヴァイッド・ハリルホジッチ監督。

会見後の質疑応答では、ワールドカップに登録する23人の最終メンバーがいつ明らかになるかという質問があり、以下のように語った。

ヴァイッド・ハリルホジッチ(日本代表 監督)

「おそらくガーナ戦(30日)が終わって、31日(木)になるんじゃないかなと思います。

ヨーロッパへ行く直前になるんじゃないかな。 確か6月4日(月)が最終締め切りですよね。

本大会に臨む監督さんは皆そうなんですけど、フットボール面、それから感情面というものを全部混ぜてチョイスしなければいけませんから大変ですね。

(中略)

23人の基準はいろいろあります。

フットボール面でも人間性の面でも、ものすごく難しい作業になります」

ハリルホジッチ監督によれば、ワールドカップに臨む最終登録メンバーの発表は5月31日(木)になるとのこと。これは本大会が開幕する2週間前であり、これまでと比較してもかなり遅いタイミングでの発表ということになる。

では、なぜこのようなことになったのだろうか?日本代表のスケジューリングを見てみよう。

騎士サッカーショップは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください

日本代表 ユニフォームも揃います