2018 W杯コロンビア代表のアシスタントコーチに就任した

 元アルゼンチン代表のエステバン・カンビアッソ氏が、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨むコロンビア代表のアシスタントコーチに就任したことが明らかになった。16日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

 コロンビア代表を率いるアルゼンチン出身のホセ・ペケルマン監督が、1997年にU-20アルゼンチン代表を率いていた時の教え子であるカンビアッソ氏に、コロンビア代表のアシスタントコーチ就任をオファー。同氏がこれを快諾したことで、同代表に参加することとなった。

 現在37歳のカンビアッソ氏は、レアル・マドリードの下部組織から母国・アルゼンチンでのプレーを経て2002年にレアル・マドリードに復帰すると、2004年にはインテルへ移籍。同クラブでは5度のセリエA優勝や4度のコッパ・イタリア優勝を経験し、2009-10シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇も成し遂げた。2014-15シーズンはレスターでプレーし、同クラブのプレミアリーグ残留に大きく貢献。2015年にオリンピアコスへ移籍し、昨年9月に現役を引退していた。

 コロンビア代表はロシアW杯で日本と同じグループHに入り、6月19日の第1戦で日本代表、24日の第2戦でポーランド代表、そして28日の第3戦ではセネガル代表と対戦する。

騎士サッカーでは海外代表や海外名門チームサッカーユニフォームを豊富に取り揃えています。手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。全品合計10000円以上お買い上げで全国送料無料、さらに5%OFF。詳しくはリンクをクリックして見てください。

JFA トレセンコーチ研修会 開催報告

JFA トレセンコーチ研修会 開催報告

3月13日(火)~16日(金)の4日間、JFA トレセンコーチ研修会が静岡県御殿場市にて開催されました。本研修会は、全国各地で行う今年度のトレセン活動のメニューの確認やポイントの整理を目的に毎年実施されており、今回は選手育成と指導者養成・代表強化を担当するナショナルトレセンコーチ55名が参加しました。

U-12、U-14、U-17とトレセンコーチが担当ごとにわかれたトレセンワーキンググループは、事前にこれまでのトレーニングメニューや課題などを検証してきました。今回の研修会ではそれをもとに考えたトレセンの新しいトレーニングメニューの確認、指導ポイントの整理が行われました。

グループそれぞれの発表が行われましたが、他のグループの参加者からのアドバイスや細かな修正点など意見を反映させ、より良い内容にブラッシュアップされました。

コメント

山橋貴史 ユース育成サブダイレクター
2017年はU-17・U-20ワールドカップに出場したことで、ユース年代の成果と課題が見えました。今回の研修会ではこれまでのトレセンメニューを検証し、さらに世界基準に近づけるようにディスカッションしながら構築しました。ワールドカップで優勝するために、我々と各地域・FAの指導者の方々が一緒に「個の育成」をしていくことを確認しました。4日間、非常に充実した研修会となりました。

東京五輪を控えるU-21代表、3月に南米遠征が決定!強豪3国と対戦

日本サッカー協会は30日、「『南米・日本U-21サッカー交流』をパラグアイで実施する」と公式発表した。

今回のイベントは「スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)」の一環として日本スポーツ振興センターから委託を受けて開催されるもの。

南米サッカー連盟(CONMEBOL)とJFAのパートナーシップ締結を記念するとともに、2020年の東京オリンピックに出場する年代のチームを強化する目的があるとのこと。

U-21代表は3月21~25日にかけてパラグアイに遠征するとともに4カ国対抗の交流戦を行う予定となっている。

日程は以下の通り。会場はアスンシオンのエスタディオ・デフェンソーレス・デル・チャコとなる。

3月21日:チリ対日本

3月23日:ベネズエラ対日本

3月25日:パラグアイ対日本

また、CONMEBOL加盟10協会の女子指導者、パラグアイサッカー協会の関係者が集まる女子サッカーフェスティバルも開催される予定だ。

 

槙野智章「一番犯してはいけない場所で」マリ戦でのPK献上を後悔

日本代表は23日にマリ代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。DF槙野智章(浦和レッズ)は仮想セネガルのマリ相手のドローを「率直に勝たなければいけなかった試合」と振り返った。

日本は前半終了間際にエリア内でDF宇賀神友弥がファウルを犯し、マリにPKを献上。これを決められ1点のリードを許した。

「一番失点してはいけない時間帯で、一番犯してはいけない場所でファウルしてしまった。ただ、そこからチームが立ち直った中で、どう点を取りに行くかは見せられたとは思う」

「セネガルとどれくらいの力があったか分からなかったですけども、今のこの状況を把握しながら、もっとチャレンジすることは必要だった」

「ディフェンスとしてはゼロで終えたかったのが本音」と槙野はこの日、昌子源と最終ラインの中央を形成。適切なスプリントでラインを上げて、「相手FWを置き去りにしてオフサイドラインを置いた」と意識していた点を明かした。

その意識もあってか「結果的にシュートは2、3本ほどしか打たれていないので、しっかりラインを統率できたことはポジティブに考えても良かった」と収穫を挙げた。

その後日本は、後半アディショナルタイムに途中出場の中島翔哉が値千金の同点弾。A代表初出場のアタッカ―の一撃でドローに持ち込んだ。槙野もその中島や同じく途中出場を果たした三竿健斗といった選手が良い刺激をもたらしていると考える。

「代わりに入った選手がああやってね、チームに正しい刺激をもたらしてくれたことはポジティブに考えても良いと思う」

それでも、今の代表に必要な要素として「競争意識」を口にした槙野。自らもロシア行きの生き残りを懸けたサバイバルに身を置く立場でもある。

「いろいろな選手が試されたが、チームとして競争意識をもっと加えていく必要がある」

競争があってこそチームの強化につながる。ロシアW杯のメンバー入りへ、27日のウクライナ戦でも槙野が猛アピールを続ける。

代表復帰の今野泰幸、サバイバルにも冷静沈着「悪かったら外れるのは当たり前」

9日に開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に臨む日本代表は、6日に都内でトレーニングを行った。ガンバ大阪の今野泰幸が代表への思いを語った。

今野はロシア・ワールドカップ アジア最終予選のUAE戦で約2年半ぶりのゴールを挙げ、勝利に貢献。その後は左足小指を骨折し、戦列を離れたが、再び代表に招集され、6月のイラク戦にも出場した。「(代表は)いい選手が入るべきだし、悪かったら外れるのは当たり前だし、そこは理解してるつもりなんで、代表っていうのはそういうところだと思ってる」と気を引き締めた。

戦い方で言えば、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は堅守速攻や前からの激しいプレッシングを目指している。今野は「その精度を上げていくのも大事だけど、個も上げていかないといけない」と課題を口に。「前回のワールドカップでコロンビアとやったけど、中盤での球際だったり、ルーズボールは全部持っていかれたし、パススピードもムチャクチャ速かった」と、世界との差を「すごい感じた」と痛感している。だからこそ「やっぱり個も上げていかないといけない」と向上心を見せた。

日本代表、大島僚太が負傷交代のアクシデント…中国戦前半はスコアレスで終了

EAFF E-1サッカー選手権第2戦が12日に味の素スタジアムで行われ、日本代表と中国代表が対戦。前半は0-0のスコアレスドローで終了した。

日本は、1-0で勝利した初戦の北朝鮮戦から先発を7名変更。GKには中村航輔(柏)に代わって東口順昭(G大阪)が入り、最終ラインは昌子源、植田直通、山本脩斗(いずれも鹿島)、三浦弦太(G大阪)で構成、大島僚太(川崎F)と今野泰幸(G大阪)がダブルボランチを組み、2列目に伊東純也(柏)、倉田秋(G大阪)、土居聖真(鹿島)が入り、1トップには小林悠(川崎F)が2戦連続のスタメン入りを果たした。

試合は序盤の4分、伊東が右サイドを突破してPA右からクロスを供給すると、小林が頭でボールを落とす。これを土居が触れたものの、わずかに枠の左に外れてしまう。さらに22分にも伊東のクロスのこぼれ球を植田が拾い、再びクロスをあげると、小林が反応。ヘディングシュートを放ったが、枠をとらえられない。

すると27分、大島が左足の太もも裏を押さえて座り込んでしまう。プレー続行不可能と判断され、井手口陽介との交代を余儀なくされた。日本は後半アディショナルタイムにも倉田と土居が決定機を演出したが、決めきれず。前半は0-0のスコアレスで終了している。

なお、もう1試合の韓国vs北朝鮮の一戦は、1-0で韓国が勝利している。この結果、2連敗となった北朝鮮代表の優勝の可能性は消滅している。

第62回サッカードクターセミナーを大分で開催

第62回サッカードクターセミナーを大分で開催

全国の医師・歯科医師を対象としたサッカードクターセミナーが3月10日(土)と11日(日)の2日間、大分で開催されました。今回のセミナーでは、1日目は「サッカードクターネットワークをベースにしたスポーツ障害防止プロジェクト~メディカルマネージャー制度」を大場俊二先生に、「高身長女性アスリートのスポーツ医学」を松田貴雄先生に講演をしていただきました。特別講演として、なでしこジャパンの高倉麻子監督には、「なでしこジャパン(日本女子代表)監督が語る、代表チームの体調管理について」をテーマに、トークショー形式で選手時代の経験や、監督としての選手やドクターとの関わり方を講演していただき、約60名の医師・歯科医師の方々が熱心に耳を傾けていました。

2日目は宮本宣秀先生による、「スポーツにおける突然死予防(循環器疾患を中心に)」についての講演に続き、現役のアンプティサッカーの選手である加藤誠氏による「アンプティサッカーを通して」について講演、アンプティサッカーのデモンストレーションをしていただきました。

講演終了後には、大分スポーツ公園だいぎんサッカー・ラグビー場に移動し、アンプティサッカーの体験、選手の皆さんと一緒にサッカーを行い、2日間のセミナーを終了しました。

講師コメント

松田貴雄 先生(国立病院機構西別府病院臨床研究部・スポーツ医学センター)
第62回セミナーが大分県担当で開催されました。初日は成長期障害予防、女性スポーツ医学の講義、ユニバーシアード女子、U-17ワールドカップ男子の帯同報告があり、海外遠征帰国直後の高倉麻子監督のワールドカップ予選(AFC女子アジアカップ)へ向けてのトークセッションが行われました。2日目は突然死予防の講義ののち、障がい者セッションとしてアンプティサッカーを紹介していただきました。実技でも幅広い年齢のドクターに加え、アンプティ選手のプレー参加で交流がはかりました。高倉監督にはワールドカップ予選に向けて熱い思いを語っていただき、また障がいがあってもサッカーに情熱を傾ける方たちに接することで、サッカードクターとして学んでいかないといけないこと、そしてドクターを必要としてくださる方がまだまだいらっしゃることが感じられた2日間でした。

加藤誠 選手(FC.九州バイラオール)
まずは今回このような機会を頂けましたこと誠に有難うございます。これまでもアンプティサッカーの普及活動の一環として講演会をさせて頂く機会がありましたが、今回初めてドクターの方に講演をさせていただきとても緊張しました。内容についても、アンプティサッカーの競技性や面白さだけでなく、これまであまりクローズアップしたことがなかった怪我や病気等のテーマにも触れ、私たちにとっても新たに学ぶ、大変いい機会になりました。質疑応答ではドクターの見識から大変貴重なご意見・ご感想をいただき、昨年のヨーロッパ遠征時にGKが怪我をし、対応に困ったこともあったため、帯同ドクターの必要性を非常に強く感じました。

午後からの実技では、実際にアンプティサッカーを体験していただき、そこでもドクターという立場ならではの感想を聞くことができ、我々選手としても感覚で分かっていたようなことも、その理由を医学的に知ることができ、より一層この競技の奥深さを感じることができました。またチームに分かれての対抗戦に混ぜていただいた際には、講義の時とは別人に思えるほどの動きと、生き生きとした表情のドクターの皆様ととても楽しく交流することができ、「サッカー」という競技の魅力を改めて感じました。今回のセミナーをきっかけに、今後は他の障がい者サッカーを含め、様々な競技とドクターの関係性がより密に、そしてその輪が少しでも広がってくれればと思います。

受講者コメント

千賀佳幸 先生(鈴鹿回生病院 整形外科)
サッカードクターセミナーには今回で7回目の参加になりますが、思い返すと、初めて参加した際は全く知り合いがいませんでした。しかし、参加される方々はサッカーを愛する方ばかりで、さらには懇親会・サッカーの実技もありますので、普通のセミナーと違ってすぐに打ち解けることができました。今では、このセミナーに参加してサッカー関係者の皆様と交流することが毎年の楽しみになっています。講義では、自分の専門科に限らずあらゆる側面からスポーツ医学を学ぶことができるので毎回とても勉強になります。今回は、スポーツ障害防止プロジェクト、女性アスリートのスポーツ医学、スポーツにおける突然死について勉強させて頂きました。また、帯同報告では現場のリアルな状況やメディカルサポートの実際についての話を聞くことができ、そのような仕事に携わっている先生を羨ましく思うと共に、今後自身が帯同する機会に恵まれたら、その内容を活かせればと思いました。

今回の特別公演では、現なでしこジャパンの高倉監督に女性選手特有の対応や監督としてドクターに求めるものなど、日常生活では決して聞くことができない大変貴重な話を聞かせて頂きました。そして、今回の懇親会も参加者の皆様と楽しく交流することができ、素晴らしい時間を過ごすことができました。この懇親会の時間は私にとって本当に貴重な時間です。そんなサッカーを愛する方ばかりですので、実技のサッカーはいつも大変盛り上がります。今回も楽しくサッカーをしながら、より一層交流を深めることができました。また、アンプティサッカーを体験させて頂いたり、アンプティサッカーの選手の方々と一緒にサッカーしたことも大変貴重な思い出になりました。最後になりますが、このような貴重な機会を設けて頂きました日本サッカー協会・大分県サッカー協会の関係者の皆様に深く感謝を申し上げます。

“二段階方式“!日本代表、W杯のメンバー発表は「カズの悲劇」以来初めて

3月に行われる国際親善試合に向け、日本代表メンバーを発表したヴァイッド・ハリルホジッチ監督。

会見後の質疑応答では、ワールドカップに登録する23人の最終メンバーがいつ明らかになるかという質問があり、以下のように語った。

ヴァイッド・ハリルホジッチ(日本代表 監督)

「おそらくガーナ戦(30日)が終わって、31日(木)になるんじゃないかなと思います。

ヨーロッパへ行く直前になるんじゃないかな。 確か6月4日(月)が最終締め切りですよね。

本大会に臨む監督さんは皆そうなんですけど、フットボール面、それから感情面というものを全部混ぜてチョイスしなければいけませんから大変ですね。

(中略)

23人の基準はいろいろあります。

フットボール面でも人間性の面でも、ものすごく難しい作業になります」

ハリルホジッチ監督によれば、ワールドカップに臨む最終登録メンバーの発表は5月31日(木)になるとのこと。これは本大会が開幕する2週間前であり、これまでと比較してもかなり遅いタイミングでの発表ということになる。

では、なぜこのようなことになったのだろうか?日本代表のスケジューリングを見てみよう。

騎士サッカーショップは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください

日本代表 ユニフォームも揃います