Menu

マンチェスターU 2016-17新アウェイユニフォーム

みなさんこんにちは

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

本日はマンチェスターU ユニフォームをご紹介します

27年間続いたアレックス・ファーガソン体制の終焉以降、厳しいシーズンが続いているマンチェスター・ユナイテッド。

ルイス・ファン・ハール監督就任2年目の2015-16シーズンもFAカップでこそ決勝へ進出したが、CLでまさかのグループステージ敗退。また、10日に行われたリーグ戦でウェストハムに敗れた結果、来季のCL出場権獲得も難しくなってしまった。

ピッチの外ではジョゼ・モウリーニョ監督招聘の噂も絶えない彼らが11日、2016-17シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

Manchester United 2016-17 adidas Away

マンチェスター・ユナイテッド新ユニフォーム

ユナイテッドに限らずホームからが多い新ユニフォームの発表だが、今回先に解禁されたのはアウェイ。

adidasと契約して2年目のモデルは、定番カラーの一つである青を基調にしたデザイン。これは1968年、ウェンブリーでベンフィカを4-1で破り初の欧州制覇を達成した際に着用していたユニフォームに由来しており、今回はそこにメランジ調の模様を組み合わせている。

マンチェスター・ユナイテッド新ユニフォーム

スリーストライプスは肩の配置。

パンツとソックスはともに青。パンツのサイドに“3本線”がないのは珍しい。

マンチェスター・ユナイテッド新ユニフォーム

ソックスもシャツと同じメランジ調だ。

こちらが1968年の優勝時の写真。この青はサードユニフォームで(アウェイは白)、「全身青」というのは当時と同じコーディネートであることが分かる。

ちなみにカップを掲げているのは、ボビー・チャールトンやジョージ・ベストらを陰で支えた“潰し屋”ノビー・スタイルズだ。

マンチェスターU ユニフォームに関する情報を掲載し、さっそく、フォローして自分好みの情報を見よう。

タグ: , , ,